KnowBe4、2021年度Gartner Peer Insightsの最高評価「Customers’ Choice」をセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)部門で獲得

〜顧客評価に基づくGartner Peer Insights*の2021年度版セキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)レポートにおいて、5カテゴリーで最高評価 〜

東京  - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2021年度Gartner Peer Insightsの最高評価「Customers Choice」をセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)部門で獲得したことを発表しました。

KnowBe4、セキュリティ意識改革・向上に向けた10のフェーズを発表。

〜集合型の研修でセキュリティ用語をいくら教育しても、攻撃を止めることはできない 〜

東京 - この10年間にわたり、セキュリティ意識向上トレーニング市場は拡大し、KnowBe4のプラットフォームは数千のお客様に利用していただいています。この間、KnowBe4ではお客様の組織における段階的なセキュリティ意識の進化を目の当たりにし、確認してきています。セキュリティ意識の進化のスピードは、組織の大きさ、地理的な風土に加え、業界ごとの特質によって異なっています。しかしながら、同一のパターンが繰り返し発生していることをKnowBe4では確認しています。ほとんどの組織において10のフェーズからなる同一の進化の道筋を辿っています。

KnowBe4、日本語化の取り組みをさらに強化: 管理者ダッシュボードの日本語化で、ユーザビリティを向上

〜日本語によるトレーニング結果の“見える化”で、きめ細かな受講者管理がさらに容易に〜

東京 - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、これまで推進してきている日本語化の取り組みをさらに強化することを表明しました。これまでトレーニングコンテンツとフィッシングメールテンプレート/ランディングページの日本語化を進めてきましたが、これに追加して管理者ダッシュボードを日本語化しました。KnowBe4では、これまでセキュリティ意識向上トレーニングと模擬フィッシング攻撃演習を自国語で実施することで、多言語対応してきました。今回の機能強化は、多言語対応の新しい管理者インターフェイスを追加するものです。

最新フィッシングメール動向: テレワーク関連のフィッシングメールが顕著に増加

〜KnowBe4が2020年度第4四半期版の要注意件名トップ10レポートを公開 〜

東京 - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPPPhishing Prone Percentage:フィッシング詐欺ヒット率)として継続的にアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として、四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2020年第4四半期(202010月-12月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。

KnowBe4、映画コンテンツでこれまでのセキュリティ教育の限界に挑む。映画コンテンツ「The Inside Man シーズン2」全編を字幕吹替日本語版でリリース。

〜映画コンテンツでエピソードをドラマチックに展開し、内部犯行によるソーシャルエンジニアリングの脅威を訴える〜

東京 - 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードする KnowBe4 社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼 CEO Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、映画コンテンツ「 The Inside Man シーズン 2 :外部から忍び寄る内部犯行」全編(エピソード 1 12 )を字幕吹替日本語版で同社のコンテンツライブラリー「 ModStore 」にリリースしたことを発表しました。  

KnowBe4、SAYA Universityと協業して、日本語トレーニング コンテンツを増強

〜日本特有の商習慣・制度や国民性に起因するハッキングの手口を学習することを可能に〜

東京- 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、SAYA Universityを同社のトレーニングコンテンツプロバイダーとして追加することを発表しました。

 SAYA Universityは、誰もがサイバーセキュリティ攻撃から身を守る方法を楽しみながら学ぶことをミッションに、米国KV Equity Partners社にて設立されました。日本企業に向け、eラーニングにてセキュリティ意識向上トレーニングを動画で提供することに特化しています。

KnowBe4、PhishERにセキュリティロール機能を追加:急増するフィッシングメールへの初動対応力をさらに強化

〜セキュリティ担当者それぞれに最適なセキュリティロールの設定を可能に〜

東京 (2021112日発) --世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、同社のPhishEREmergency Room:緊急対策室)プラットフォームに新機能としてPhishER Security Rolesを追加したことを発表しました。

 フィッシングメールが、サイバー攻撃手段として最も頻繁に使用されています。KnowBe42020年度版ベンチマークレポートによると、セキュリティ意識向上トレーニングを受講していない従業員の37.9%がフィッシング詐欺被害に遭う可能性が高いと指摘しています。

新型コロナウイルスワクチン接種のフィッシングメールが発生

-新たなフィッシング攻撃の脅威への注意喚起-

東京イギリスでは、米ファイザー社と独ビオンテック社が開発した新型コロナウイルスのワクチンの接種が開始されました。また、米国では、米食品医薬品局(FDA)が同新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を許可し、ニューヨーク州を皮切りにその接種が開始されました。これに伴い、欧米各国で新型コロナウイルスワクチンに関連するフィッシングメールが発生しています。

最新動向:増加するサイバー攻撃被害

-サイバー攻撃にいかに立ち向かい、防御するか-

  東京 - ランサムウェア(身代金要求ウイルス)の被害が増加の一途をたどっています。報告された被害件数は、 2020 1 月から 10 月までで 1 千件を超えたと報じられています。しかしながら、これは氷山の一角に過ぎないと KnowBe4 のセキュリティエキスパートは指摘しています。本プレスリリースは、 ランサムウェアを含む サイバー攻撃被害の現状と 2021 年へ向けての予測されるサイバー攻撃にいかに立ち向かい、防御するかを支援する目的で発信します。

最新フィッシングメール動向: 2020年第3四半期もコロナウイルス関連のフィッシングメールが継続して全世界で蔓延

KnowBe4が2020年度第3四半期版の要注意件名トップ10レポートを公開

東京 - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)として継続的にアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として、四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2020年第3四半期(2020年7月-9月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。

KnowBe4、Microsoft 365の言語機能に対応して、Microsoft 365用のPhish Alertボタンを機能拡張

Phish Alertボタンに言語認識機能を追加し、22カ国語に対応

東京 – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、言語認識機能を搭載して機能強化したPhish Alertボタンをリリースしたことを発表しました。

 新型コロナウイルスの世界的蔓延は、働き方の改革を引き起こし、テレワークは日常化してきています。これにと伴い、複数台の端末を使うことがさらに容認されるようになり、Microsoft 365は着実にユーザーを増やしてきてきます。Microsoft 365ではエンドユーザーの環境に応じて様々な言語が利用されています。グローバルにビジネスを展開する企業では、結果として、様々な言語の不審メールがITセキュリティ運用管理者に報告されています。

KnowBe4、「Stay Safe Online」キャンペーンを、 日本を含む全世界へ発信

ネット世界の安全性を向上するための世界的な取り組みの一環として、「Social Media: Staying Secure in a Connected World(ソーシャルメディア:ネット世界における保護対策)」トレーニングプログラムを無料で提供

東京発 – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン)は、米国のサイバーセキュリティ意識向上月間である「National Cyber Security Awareness Month」https://www.cisa.gov/national-cyber-security-awareness-month に合わせて、ネット世界の安全性を向上するための世界的な取り組みの一環として、「ソーシャルメディア:ネット世界における保護対策」トレーニングプログラムの無償提供を開始したことを発表しました。 KnowBe4は日本語を含む34カ国語に翻訳して、全世界で本無償トレーニングプログラムをリリースしました。

KnowBe4、創立10周年の評価 3つのアワードを連続受賞

働きたい会社、急成長企業、企業価値評価といった
3つのカテゴリーで最高評価を獲得

東京 - 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社の100%出資日本法人KnowBe4 Japan合同会社(本社:千代田区、日本代表マネージングディレクター:根岸正人)は、本年8月をもって創立10周年を迎えた米国KnowBe4本社が、その創立10周年の評価として3つのアワードを連続受賞したことを発表しました。この3つの受賞は、それぞれ、企業の成功を支える原動力である「働きやすい職場」、「成長率」、「企業の市場価値」を評価するものです。 

最新動向:従業員のためのセキュリティ意識向上トレーニングは最重要課題である

-セキュリティリテラシーとセキュリティアウェアネスは根本的に違う-

東京 - このたび、サイバーセキュリティの最前線を調査し、その知見を提供する米国サイバーセキュリティ調査会社であるCybersecurity Ventures(https://cybersecurityventures.com/)が同社のCybercrime Magazineで、従業員向けのセキュリティ意識向上トレーニングの重要性とその最新動向について報じました。先進的な米国の大手企業の最高情報セキュリティ責任者(CISO) 9名からインタビューを通して、大手企業、特に、世界でビジネスを展開するグローバル企業にとって、従業員のためのセキュリティ意識向上トレーニングは最重要課題であることを明らかにしています。https://cybersecurityventures.com/cisos-say-security-awareness-training-for-employees-is-top-priority/

KnowBe4が創立10周年と社員数1,000名を祝して、 10,000本の木を世界に植樹

10周年記念 X 社員数1,000名 = 10,000本の記念樹植樹

米国フロリダ州タンパベイ - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、創立10周年と1,000人目の社員を記念して、10,000本の木を世界に植樹することを発表しました。 

KnowBe4、日本語版CEO詐欺防止マニュアルをリリース

セキュリティ担当者へCEO詐欺防止のためのチェックリストとCEO詐欺被害発生時の初動対応チェックリストを提供

東京発 – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、日本語版CEO詐欺防止マニュアル(2020年度版)をリリースしたことを発表しました。

米国連邦捜査局(米FBI)は、CEO詐欺またはビジネスメール詐欺(BEC)が23,000件を超え、その被害額は17億米ドルに達したと報じています。また、米FBIは、2016年6月から2019年6月までの3年間の集計で、世界各国で発生したCEO詐欺の被害総額は260億米ドルを超えたと注意喚起しています。

最新フィッシングメール動向: 2020年第2四半期、コロナウイルス関連のフィッシングメールが継続的に急増

KnowBe4が2020年度第2四半期版の要注意件名トップ10レポートを公開

東京 - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)として継続的にアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として、四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2020年第2四半期(2020年4月〜6月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。

KnowBe4が、2020年度第2四半期の売上25%増(前年度同四半期比)を達成

新型コロナウイルス禍に伴う世界的な景気後退の逆風中、KnowBe4は大幅な成長を継続

東京 – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2020年度第2四半期の業績において、前年度同期比で25%増の大幅成長を達成したことを発表しました。同時に、同社は世界各地で従業員を増強し、従業員数も合計1,000名へ超える勢いで組織的な強化にも積極的に取り組んでいます。

KnowBe4、マネージドサービスプロバイダー(MSP)向けに模擬フィッシング演習管理機能を強化

新機能「KnowBe4 Managed Phishing Campaign」をリリース - 複数のマネージドKnowBe4アカウントに対してのフィッシングキャンペーンの作成・管理を単一インターフェイスから可能に

米国フロリダ州タンパベイ - 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング演習管理のための新機能「KnowBe4 Managed Phishing Campaign」を本日付けでマネージドサービスプロバイダー(MSP)向けにリリースしたことを発表します。今回リリースした新機能は、複数のマネージドKnowBe4アカウントに対する模擬フィッシング演習プログラム管理を集中化し、大幅に簡素化するものです。複数の顧客アカウントを管理しなければならないマネージドサービスプロバイダー(MSP)にとって、この新機能は極めて有効です。新たなセキュリティ脅威が発生した場合に、複数の顧客アカウントに対して新しいフィッシングキャンペーンやテンプレートを即座に適用して、一元的に管理することができるようになります。このような緊急事態において、この新機能は大幅な時間削減を可能にします。

【米国リリース抄訳】2020年度版KnowBe4 ベンチマーキング調査レポート: トレーニングを受けていないエンドユーザーの37.9%がフィッシング詐欺被害に遭うと指摘

全業種および全組織規模平均で、前年度に比べて、PPP(フィッシング詐欺ヒット率)が大幅に増加

※当資料は、に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.knowbe4.com/press/new-knowbe4-benchmarking-report-finds-37.9-of-untrained-end-users-will-fail-a-phishing-test

米国フロリダ州タンパベイ -
世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、本日、2020年度版の業界別フィッシングベンチマーキング調査レポートを発刊したことを発表しました。PPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)は社員ひとり1人がどれくらい攻撃被害を受けやすいかを測定可能な指標として可視化するもので、本レポートはPPPを業界別のベンチマーキングとして統計分析したものです。

KnowBe4 Japanが日本市場で代理店販売戦略を強化

「人」から始まる新しいセキュリティ対策で協業
株式会社電通国際情報サービスと国内販売代理店契約を締結

世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社の100%出資日本法人KnowBe4 Japan合同会社(本社:千代田区、日本代表マネージングディレクター:根岸正人)は、日本市場での代理店販売戦略を強化し、販売代理店網をさらに拡充すると表明し、その第一弾として、米KnowBe4本社が株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)と国内販売代理店契約を締結したことを本日発表しました。

KnowBe4の最新セキュリティカルチャー調査分析と知見:セキュリティリーダーはセキュリティカルチャーの価値を認識するが、その醸成と実践に苦慮

94%のセキュリティリーダーがセキュリティカルチャーはビジネスの成功には重要と認識(米独立系調査会社「フォレスター」による調査報告「The Rise of Security Culture 」より)

※当資料は、2020年4月28日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。https://www.knowbe4.com/press/new-knowbe4-study-finds-leaders-value-strong-security-culture-but-struggle-to-define-and-implement-it

米国フロリダ州タンパベイ(2020428日発) -
セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、KnowBe4からの委託でフォレスターコンサルティングによって実施された最新のセキュリティカルチャー調査報告「The Rise of Security Culture (セキュリティカルチャーの潮流)」”の調査結果を発表しました。

【米国リリース抄訳】KnowBe4がPhishERの強化機能としてPhishRIPをリリース - 不審なメールを受信トレイから迅速に削除

PhishERにメール検疫・隔離機能を追加 - フィッシングメールをRemove(削除)、Inoculate(予防接種)し、メール脅威の迅速なProtect(防御)を可能にする

※当資料は、に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.knowbe4.com/press/knowbe4-launches-phishrip-to-remove-suspicious-emails-from-inboxes

米国フロリダ州タンパベイ -

セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、PhishRIPTMと呼ぶPhishERの新機能を追加したことを発表しました。PhishRIPはセキュリティ担当者を支援するもので、フィッシングメールをRemove(削除)、Inoculate(予防接種)し、メールの脅威に対する迅速なProtect(防御)を可能します。

【米国リリース抄訳】最新フィッシングメール動向: 2020年第1四半期にコロナウイルス関連のフィッシングメールが600%増加

KnowBe4が2020年度第1四半期版の「要注意件名」トップ10レポートを公開

※当資料は、に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.knowbe4.com/press/q1-2020-knowbe4-finds-coronavirus-related-phishing-email-attacks-up-600

米国フロリダ州タンパベイ -
セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)としてアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2020年第1四半期(2020年1月-3月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。

【米国リリース抄訳】 KnowBe4が新型コロナウイルス(COVID-19)感染を警告する新種のフィッシング詐欺を発見

KnowBe4が無償の新型コロナウイルス対策ビデオを公開

※当資料は、に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.knowbe4.com/press/knowbe4-discovers-new-covid-19-phishing-scam-warning-people-theyve-been-infected

米国フロリダ州タンパベイ -

世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、本日、新種の新型コロナウイルス(COVID-19)関連のフィッシング詐欺メールを米国内で発見したと発表しました。このフィッシング詐欺メールは、接触の可能性がある友達、同僚、家族や同じ居住地区の住民がコロナウイルスに感染したことを通知し、コロナウイルスの感染が発生してないかを警告するものです。このフィッシング詐欺メールの内容は、悪意ある添付ファイルを開封させ、病院へすぐに出向くように指示するものです。

Get the latest about social engineering

Subscribe to CyberheistNews