最新フィッシングメール動向: 従業員が最も引っかかりやすい件名は人事部門やIT部門からのメールを装う通達やお知らせ

業務関連メールのフィッシング演習で、クリックされた件名の半数は人事部門からの通達やお知らせ

 東京(2022年7月29日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPPPhishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)としてアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2022年第2四半期(20224月-6月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。今期にクリックされた件名の半数は、休暇取得規定改定、服装規定変更、業績評価などの人事部門からの通達やお知らせでした。その他の要注意件名としては、パスワード即時確認などのIT部門関連の通達やお知らせでした。

Great Place to Work®とFortune誌がKnowBe4を2022年度「Fortune Best Workplaces for Millennials」の1社に選定

KnowBe4、米国のミレニアム世代における「働きがいのある企業」の上位8社にランクイン

 東京(2022722日発)- Great Place to Work®Fortune誌は、KnowBe4 2022年度「Fotune Best Workplaces for Millennialsの1社に選定しました。今回の受賞はKnowBe4にとって5年連続での認定となり、第8位にランクインしました。米国における人材環境は大きく様変わりし、ミレニアム世代人材の価値はますます高まっています。その中で、「ミレニアム世代の働きがいのある企業」にランクインし続けていることは、KnowBe4にとって大きな意味を持つと言えます。
  

2022年度版業界別フィッシングベンチマークレポート:  セキュリティ教育を受けていない約3人に1人がフィッシングリンクをクリックしてしまう

組織規模別の分析結果によると、ソーシャルエンジニアリングのリスクが最も高いのは、大規模組織では電気・水道・ガスなどの公共インフラ、保険、コンサルティングで、中堅・中小規模組織では医療機関・製薬業界が上位を占めている

東京(2022年7月20日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2022年度版の業界別フィッシングベンチマーキング調査レポートをリリースしたことを発表しました。PPP (Phishing ProneTM Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)は従業員ひとり1人がどれくらい攻撃被害を受けやすいかを測定可能な指標として可視化するもので、本レポートはPPPを業界別のベンチマーキングとして統計分析したものです。

KnowBe4が2022年夏G2 Gridレポートで2つの部門でNo1「リーダー」評価を獲得

PhishER SOARプラットフォーム部門において5四半期連続で、KMSATがセキュリティ意識向上トレーニングプラットフォーム部門において12四半期連続で、No.1の評価を獲得

 東京(2022年7月15日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、同社のPhishERおよびKMSATKevin Mitnick Security Awareness Training)がそれぞれ、2022年夏G2 Gridレポートで、SOARSecurity Orchestration, Automation and Response)プラットフォーム部門において5四半期連続で、セキュリティ意識向上トレーニングプラットフォーム部門において12四半期連続で、No.1の評価を獲得したことを発表します。

KnowBe4が、7月をランサムウェア意識強化月間としてランサムウェア防御キャンペーンを全世界で実施

ランサムウェアの驚異的な急増に立ち向かうために、ランサムウェア対策リソースキットを全世界で無償提供

東京(2022630日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、急増するランサムウェアの脅威に立ち向くために、7月をセキュリティ意識強化月間としてランサムウェア防御キャンペーンを全世界で実施することを発表します。

KnowBe4、日本電気株式会社(NEC)と販売代理店契約を締結

NEC が提供するセキュリティプロフェッショナルサービスに KnowBe4を追加することで、サイバー攻撃の人的防御を強化

 

東京発(20226 24日) – 世界のセキュリティ意識向上(アウェアネス)トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 CEO:森田 隆之、以下 NEC)と販売代理店契約を締結したことを発表します。

KnowBe4最新調査レポート: セキュリティ意識向上トレーニングの頻度を増やすことで、セキュリティ侵害の予防が改善される

KnowBe4 Researchが、最新の調査レポート「More Training, Better Prepared:(トレーニングを増やせば、対応力が向上」を公開 - トレーニングの頻度を増やすことは、セキュリティ対応力の向上に繋がる

 

東京(2022年6月23日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、トレーニングの頻度とセキュリティ対応力の相関関係を示す調査レポート「More Training, Better Prepared:(トレーニングを増やせば、対応力が向上」を公開しました。

世界的な新型コロナウイルスの流行以降、ただでさえ限定的な地方自治体・公共機関のサイバー防衛力がさらに弱体化

KnowBe4が、「激変するサイバー脅威の実態」と「サイバー攻撃が米国地方自治体・公共機関に与える経済的影響」をまとめた調査レポートを公開

 

東京(2022610 日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、「激変するサイバー脅威の実態」と「サイバー攻撃が米国地方自治体・公共機関に与える経済的影響」をまとめた調査レポートを去る5月31日付で公開しました。本プレスリリースは、そのプレスリリースの翻訳版です。 

KnowBe4が、2022年版セキュリティカルチャーレポートを公開 – 世界初のセキュリティカルチャー動向データ分析を全世界のKnowBe4ユーザーを対象に実施

抽象的と思われがちな「セキュリティカルチャー」をデータドリブンのアプローチで、7つのコアディメンションから動向データを収集・比較分析

東京(2022527日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2022年版セキュリティカルチャーレポートを公開しました。本セキュリティカルチャーレポートでは、過去3年(2019年から2021年まで)のセキュリティカルチャーについて動向データを世界で初めて比較分析し、地域別(国別)・業界別でグロバールの調査報告としてまとめましました。

KnowBe4が、記念すべき顧客数5万社のマイルストーンを達成

継続的な成長と顧客重視の一貫した戦略が、顧客5万社のマイルストーン達成に貢献

東京(2022520日発)– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、全世界での顧客数5万社のマイルストーンを達成したことを発表します。

KnowBe4がTrustRadiusから2022年度最高評価賞(2022 Top Rated Award)を受賞

10 点満点中 9.2 点という圧倒的なスコアで、KnowBe4がセキュリティ意識向上トレーニング市場でのリーダーの評価を獲得

 東京(2022518日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、このたび、TrustRadiusからセキュリティ意識向上トレーニング分野での2022年度最高評価賞(2022 Top Rated Award)を受賞したことを発表します。

KnowBe4が、KnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを適時翻訳して、FacebookとTwitterで日本語要約を配信

サイバーセキュリティの最新情報を日本語で配信し、日本市場で情報共有

東京(2022年5月13日発)– 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、同社のセキュリティ意識向上トレーニング・ブログhttps://blog.knowbe4.com/ およびニュースレターを使って、サイバーセキュリティに関連する最新情報を英文で発信しています。このブログでは、サイバーセキュリティのさまざまなトピックを取り上げ、配信しています。この中には、日本の企業や団体にとって、サイバー攻撃と戦くために有意義な情報が満載されています。日本企業を標的とするサイバー攻撃が急増する中、同社の日本法人である「KnowBe4 Japan合同会社」では、世界で発生しているサイバー攻撃に関連する新たな手口などの最新情報についての多数の問い合わせを受けています。この度、このような問い合わせ案件に応えるために、KnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを適時翻訳して、Facebook https://www.facebook.com/knowbe4.JP および Twitter https://twitter.com/KnowBe4Japan で日本語要約を配信していきます。 KnowBe4 Japanの営業を統括する日本法人営業統括本部長ガブリエル・タンは、今回の日本語でのFacebookとTwitterでKnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログの要約を配信について、次のようにコメントしています。
「KnowBe4では、ほぼ毎日、セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを英文で配信しています。この中には、日本のお客様にとって、タイムリーなトピックを取り上げて、サイバーセキュリティの最新情報を日本語で配信し、日本市場で情報共有できることは、日本のサイバーセキュリティ担当者にとって有意義なものになると考えております。」

KnowBe4が、KB4-CON 2022を2年ぶりに米国フロリダ州オーランドで4月20日から22日の3日間にわたり開催

全世界15カ国から1,500名を超えるサイバーセキュリティ・スペシャリストが一堂に会し、盛大のうちに開催された

 東京(202252日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、年次コンファレンス(KB4-CON 2022)を対面環境で2年ぶりに米国フロリダ州オーランドで去る4月20日から3日間にわたり開催しました。全世界15カ国から1,500名を超える同社のユーザーおよびパートナーが一堂に会して、サイバー攻撃の現状・最新動向を学び、ますます高度化・巧妙化するサイバー攻撃にどう立ち向かうかを探求しました。

最新フィッシングメール動向: 最も反応が高かった件名は祝祭日/ホリデー関連のお知らせと通達

KnowBe42022年度第1四半期の「要注意件名」統計レポートを公開

 東京(2022418 日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐欺ヒット率)として継続的にアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として、四半期毎に公表しています。本プレスリリースでは、2022年第1四半期(2022年1月-3月期)の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開します。

KnowBe4が株式会社ネットワールドと国内販売代理店契約を締結

ネットワールドがKnowBe4を採用して、人的対策と技術的対策の両面からサイバーセキュリティを支援

 東京発 (20224 月12– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、ITインフラのソリューションディストリビューターとしてサイバーセキュリティソリューションに積極的に取り組む株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田晶一、以下 ネットワールド)と販売代理店契約を締結したことを発表します。この度の販売提携によって、ネットワールドは、同社の日本全土をカバーするネットワールドの販売パートナーネットワークを通じて、KnowBe4のセキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームをネットワールドの総合的なセキュリティソリューションの1つとして提供していきます。

KnowBe4がForrester Waveレポート「Security Awareness & Training Solutions(セキュリティ意識向上&トレーニングソリューション)」でリーダーの評価を獲得

11社のベンダーのうちで、30項目の評価項目中で、16項目で最高スコア

東京(2022323日発)– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、最新のForrester Wave™レポート「Security Awareness &Training Solutions,(セキュリティ意識向上&トレーニングソリューション)2022年第1四半期」でリーダーの評価を獲得しています。

KnowBe4が、日本市場での業績好調を受けて、「KnowBe4 Japan合同会社」の事業活動を強化

日本市場でのさらなる成長のために、積極的な人材採用によって営業およびサポート体制の強化

東京(2022318日発)– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、日本市場での業績好調を受けて、日本市場での事業活動を強化することを発表します。また、同時に、積極的な人材採用によって日本法人「KnowBe4 Japan合同会社」の営業およびサポート体制を強化し、今期中に組織体制の更なる拡大を実施します。

KnowBe4が、業界初のセキュリティカルチャー成熟度モデルを発表 - セキュリティカルチャー測定を革新する

データに基づくフレームワークで、セキュリティカルチャーの評価測定を可能にし、セキュリティカルチャーの成熟度レベルを判定 

東京(2022311日発)– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、このたび、セキュリティカルチャー測定を革新する業界初のセキュリティカルチャー成熟度モデルを発表しました。このモデルは、KnowBe4のリサーチ部門によって開発されました。このモデルを支えるフレームワークは、KnowBe4が長年にわたり培ってきたセキュリティ意識、セキュリティ行動習慣性、セキュリティカルチャーに関する膨大なデータセットをベースに組み立てられています。

KnowBe4リサーチ:半数の従業員が、業務目的に未承認のファイルサービスを利用している

シャドーITの実態に関するKnowBe4の最新調査レポート: 問題視すべき衝撃的な結果が判明

 東京(202239日発)– セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、このたび、シャドーITの実態に関するKnowBe4の最新調査レポート(英語)を公開したことを発表します。この調査レポートは、半数の従業員が業務目的に未承認のファイルサービスを利用していることなど、シャドーITの危険性についての警鐘を鳴らしました。

KnowBe4、日本初のパートナージョイント・セキュリティ意識向上オンラインセミナー、700名強の聴講で、盛況のうちに終了

KnowBe4セキュリティ意識向上セミナー開催報告: 拡大し続けるサイバー犯罪脅威の最新動向とセキュリティ意識向上の必要性

東京 (2022年3月1日発)  – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、株式会社東陽テクニカ様主催のもとに、日本市場で初めてパートナージョイント・セキュリティ意識向上オンラインセミナーを去る2月17日(木)に開催しました。フィッシング攻撃に加えて、ランサムウェアや様々なソーシャルエンジニアリング攻撃は量的および巧妙さの両面で進歩し続ける中、セキュリティ意識向上トレーニングへのニーズは日本市場においても一段と高まりをみせています。この中、本セミナーは大きな反響を生み出し、700名を超える参加者が聴講しました。本プレスリリースでは、本セミナーを聴講できなかった方のために、本セミナー講演の要点をまとめています。 

KnowBe4、拡大するサイバー脅威への対策として「 2022年版ランサムウェア人質救出マニュアル」を公開

日本向けにランサムウェア人質救出チェックリストを日本語に翻訳

東京(2022224日発) – セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、このたび、ランサムウェアに感染した際の詳細な対処手順や簡易なチェックリストを掲載した「2022年版ランサムウェア人質救出マニュアル」(英文)をリリースしたことを発表します。本プレスリリースは、日本企業または団体様のために、「2022年版ランサムウェア人質救出マニュアル」(英文)の要旨を日本語で要約して解説するためです。また、併せて、本マニュアルの一部であるランサムウェア人質救出チェックリストを日本語に翻訳して、公開します。

セキュリティ対策の現状とアプローチの違いについての欧米諸国でのアンケート調査:日本企業は欧米企業に比べて数年遅れを取っている

セキュリティチームにセキュリティ問題を報告することに「全く抵抗がない」と回答した回答者は、全回答者の約半数

東京(20222 17日発) – セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、世界でのセキュリティに対する考え方・アプローチや行動、ポリシーなどの共通点や違いに加えて、オンライン詐欺を見抜く回答者の自信を調査するために、英国ロンドンに本拠を置く市場調査会社「Censuswide」に委託して、アンケート調査を2021年第4四半期に実施しました。今回の調査では、オンライン詐欺対策やセキュリティ意識向上トレーニングの取り組みで先行している米国、英国、ドイツ、オランダ、ノルウェー、南アフリカの6カ国を調査対象国として選び、6000人以上の企業および団体の業務に従事している従業員からデータが収集しました。本プレスリリースは、このアンケート調査を日本語に翻訳し、欧米諸国の現状を探求するために作成しました。

セキュリティ人材不足解消の切り札として注目のSOARソリューション「KnowBe4 PhishER」 - 2022年冬G2 GridレポートでNo1「リーダー」の評価

PhishERが、「リーダー」評価の最上位ランキングを大差で獲得

 東京(20222 16日発) – サイバー攻撃が高度化・大量化する中、セキュリティ人材の不足は世界中で発生しています。SOAR (Security Orchestration, Automation and Response)は、セキュリティ運用の自動化および効率化を実現する技術として、近年注目を浴びています。セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、このたび、この注目のSOAR (Security Orchestration, Automation and Response)プラットフォームとして、2022年冬G2 Grid® レポートで3四半期連続の最上位評価を獲得しました。

Oktaレポートが、KnowBe4を2021年度で最高の前年比成長率を達成した最も人気のある業務アプリであると報告

KnowBe4が、業務アプリ利用ランキングで驚異の5ランクアップ - 最も人気のある上位15アプリの中で前年比の最高の成長率

 東京(202229日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、Okta社による業務アプリ利用動向年次調査レポート「Businesses at Work 2022」(英文)において、KnowBe4が最も人気のある上位15アプリ(Top 15 most popular apps)中で最大の前年比成長率(56%)を達成したことを発表します。

KnowBe4が、セキュリティカルチャーの醸成度の他社比較を可能にする新機能を追加

セキュリティカルチャーのスコアを他社比較する新機能「セキュリティカルチャー・ベンチマーキング」

 東京(202227日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、セキュリティカルチャーの醸成度の他社比較を可能にする新機能を追加したことを発表します。今回追加された新機能「セキュリティカルチャー・ベンチマーキング」は、企業が自社のセキュリティカルチャーを同業他社と比較し、セキュリティカルチャーに関するキーとなる評価指標を具体的なスコアとして比較評価することを可能にするものです。この機能は、KnowBe4のセキュリティカルチャー評価: Security Culture Survey (SCS) のベンチマーク比較データとして利用可能になります。

Get the latest about social engineering

Subscribe to CyberheistNews