blog-slider.jpg

KnowBe4 ブログ

ボーイング社が2億ドルに及ぶ巨額のランサムウェアの身代金に対抗した方法とは?

ボーイング社が2億ドルに及ぶ巨額のランサムウェアの身代金に対抗した方法とは?

ボーイング社は、2023年10月にLockBitランサムウェア攻撃の被害に遭い、同社の部品と物流業務の一部が中断を余儀なくされたことを発表しました。このサイバー犯罪組織は、ボーイング社から流出させたデータを公開しない見返りに2億ドルという途方もない金額を要求しました。

サイバーセキュリティ意識トレーニングにおけるゲーミフィケーションの役割:退屈で受け身のトレーニングから、従業員が積極的に取り組めるトレーニングへ変える

サイバーセキュリティ意識トレーニングにおけるゲーミフィケーションの役割:退屈で受け身のトレーニングから、従業員が積極的に取り組めるトレーニングへ変える

10歳になった自分の子どもがマインクラフトの世界を嬉しそうに案内してくれるときでも、その操作についていくのがやっとだった私としては、サイバーセキュリティ意識トレーニングモジュールのゲーミフィケーションについてブログを投稿するのには正直戸惑いがありました。

ソーシャルエンジニアリングが関与するサイバー脅威は約90%に達している

ソーシャルエンジニアリングが関与するサイバー脅威は約90%に達している

35億件を超えるサイバー攻撃の分析から、サイバー攻撃者がどの攻撃手法を使用し、企業や組織はどの対策に重点を置くべきかについての知見が得られました。

目に見えない戦争~認知戦とディスインフォメーションの政略

目に見えない戦争~認知戦とディスインフォメーションの政略

今日の世界では、良くも悪くも無政府状態が続いています。過去数十年にわたり、従来よりも戦場はさらに拡大しています。私たちはすでに、爆弾や戦車を用いた従来の戦争ではなく、認知戦やディスインフォメーションといった目に見えない凶器による第三次世界大戦を経験しているかもしれません。ITプロフェッショナルは、この戦争下の最前線にいます。

約8割の企業がセキュリティインシデントを経験。その主要な原因は“人”

約8割の企業がセキュリティインシデントを経験。その主要な原因は“人”

新しいデータにより、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境であっても、ユーザーがサイバーセキュリティにおける最大の問題であることが示されています。

ランサムウェアへの感染で攻撃方法が特定できないケースが増加している理由とは?

ランサムウェアへの感染で攻撃方法が特定できないケースが増加している理由とは?

2024年度第1四半期におけるランサムウェア攻撃の傾向を分析した結果が公開され、初期の攻撃方法が「不明」とされるケースが引き続き増加しています。このブログでは「不明」なっている攻撃手法について考察します。

ランサムウェア攻撃が成功する確率が、僅か1年間で29%も上昇

ランサムウェア攻撃が成功する確率が、僅か1年間で29%も上昇

2024年度第1四半期におけるランサムウェア攻撃に関する新たな分析結果が公開されました。このデータから、特定のサイバー攻撃者がランサムウェア攻撃の大半を実行していたことが判明しました。このレポートでは、このサイバー攻撃が大きな成功を収めている理由についても解説しています。このような分析は、現在の脅威環境のトレンドを理解し、最も拡散しているサイバー攻撃への対策に注力することを可能にします。

サイバー保険、不正送金とビジネスメール詐欺に関する保険金請求は全体の56%

サイバー保険、不正送金とビジネスメール詐欺に関する保険金請求は全体の56%

2023年におけるサイバー保険の状況を調査した新しいデータで、保険の申請が増加していることが示されています。ここでも、フィッシングとソーシャルエンジニアリングが深刻な問題となっていることを改めて認識する結果となりました。

プリテキスティング:信用させて情報を騙し取る攻撃戦術

プリテキスティング:信用させて情報を騙し取る攻撃戦術

サイバー犯罪の経済規模は年々拡大しているが、サイバー攻撃の戦術は、以前と変わらずデータの詐取を目的としたソーシャルエンジニアリングが多用されていることが、公開された新しいデータから明らかになりました。

アリゾナ州選挙管理委員、ディープフェイクの脅威に対抗するため新たな防衛訓練を実施

アリゾナ州選挙管理委員、ディープフェイクの脅威に対抗するため新たな防衛訓練を実施

アリゾナ州の選挙管理委員たちは、選挙の公平性と安全性を確保するため、AIが生み出す新たな脅威に対抗するため、世界初の防衛訓練に参加しました。