blog-slider.jpg

KnowBe4 ブログ

生成AIへの入力で拡散するワームとその仕組みの怖さ

生成AIへの入力で拡散するワームとその仕組みの怖さ

イスラエルの研究者が、衝撃的な研究結果を公開しました。その研究結果と解説ビデオを以下に掲載します。

ランサムウェアグループ「RA World」の新たな恐喝戦術

ランサムウェアグループ「RA World」の新たな恐喝戦術

脅威グループ「RA World」(旧RA Group)は、これまである国の組織を標的にランサムウェア攻撃を仕掛けてきましたが、新たな恐喝方法によって、今度は特定の業界を標的にして攻撃するようになりました。

FBIの報告書から読み解くサイバー攻撃の原因と結果の混同

FBIの報告書から読み解くサイバー攻撃の原因と結果の混同

以下の文章は、ソーシャルエンジニアリングについて最近私が投稿した記事から直接引用したものです。

クラウドシステムへのアクセス情報を狙う攻撃が2023年に前年比110%と急増。

クラウドシステムへのアクセス情報を狙う攻撃が2023年に前年比110%と急増。

新たに公開されたデータは、クラウド環境への攻撃が高度化していることを示しています。

FBIが新たなサイバー犯罪の報告書を公開。トップ5の1位にフィッシングが君臨し続ける意味とは?

FBIが新たなサイバー犯罪の報告書を公開。トップ5の1位にフィッシングが君臨し続ける意味とは?

米国インターネット犯罪苦情センターIC3)が新たに発表したインターネット犯罪レポートでは、最も利用され最も成功したサイバー犯罪の明確な全体像を知ることができます。

AI導入におけるセキュリティ上の懸念と取締役会での説得

AI導入におけるセキュリティ上の懸念と取締役会での説得

人工知能(AI)はもはや未来の概念ではなく、業務効率、顧客体験、意思決定プロセスを推進するツールとして活用されています。さまざまな業界の企業が、AIがもたらす変革の凄まじさを目の当たりにしています。

カナダの銀行がPhaaSプラットフォームのLabHostとFrappoの標的に

カナダの銀行がPhaaSプラットフォームのLabHostとFrappoの標的に

カナダの銀行に対するサイバー攻撃の分析により、PhaaS(Phishing as a Service: フィッシングサービス)プラットフォームが攻撃に悪用されていることが明らかになりました。米国のサイバーセキュリティ会社であるFortraの新しい調査は、サイバー攻撃者によるPhaaSプラットフォームの使用が増加していることを示しています。

2023年、正規アカウントが攻撃の初期段階に使われる数が増加したことの意味

2023年、正規アカウントが攻撃の初期段階に使われる数が増加したことの意味

フィッシング、メール、リモートアクセス、侵害されたアカウントの組み合わせが、サイバー攻撃者の主な攻撃手法であることが新たな分析から明らかになりました。

契約時にサードパーティ、アウトソース先に対して、より厳格なセキュリティ体制を求める動き

契約時にサードパーティ、アウトソース先に対して、より厳格なセキュリティ体制を求める動き

ウォールストリートジャーナルのJames Rundle氏は、深刻化するサプライチェーンへのサイバー攻撃を受けて、企業や組織は機密データを保護し侵害を防ぐためにサプライヤーに対する監視を強化していると報じています

ロシアが支援するフィッシングキャンペーンがさまざまな業界を標的に

ロシアが支援するフィッシングキャンペーンがさまざまな業界を標的に

IBM X-Forceの研究者は、ロシアが支援するサイバー攻撃者ITG05(別名、APT28またはFancy Bear)による複数の進行中のフィッシングキャンペーンを監視しています。APT28はロシアの軍事情報機関であるGRUとつながっていると言われています。