KnowBe4、組織のセキュリティ文化水準の調査結果、2024年度版セキュリティカルチャーレポートを公開

日本は全体平均を上回る高い水準、アジアでは中東がトップ

 

米国フロリダ州タンパベイ(2024326日発)/東京(20244月5日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー*であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2024年度版セキュリティカルチャーレポート(英文)を公開しました。

KnowBe4 がアジア太平洋3カ国を対象にサイバーセキュリティ実態調査を実施

投資計画、自社の責任、政府への期待で3カ国に差: ソーシャルエンジニアリング対策について出遅れが見られる日本

東京(2024327日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー*であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、サイバーセキュリティの現状について調査するために、日本のほか、オーストラリア、シンガポールの企業や団体のIT意思決定者を対象に実態調査を2024年1月5日~10日に実施し、その調査結果を実態調査レポートとしてまとめました。

KnowBe4、SCSK株式会社と販売代理店契約を締結

KnowBe4のセキュリティ意識向上トレーニングを追加することで、SCSKがサイバー攻撃の人的防対策を強化

東京発(20243 21日) – 世界のセキュリティ意識向上(アウェアネス)トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役執行役員社長:當麻隆昭、以下SCSK)と販売代理店契約を締結したことを発表します。

KnowBe4 Japan、日本語版ランサムウェアレスキューマニュアルを公開

ランサムウェア攻撃者に身代金を払わなくてはならない場合も想定したガイド

 東京(2024年3月8日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー(*)であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ)の日本法人「KnowBe4 Japan合同会社」(本社:東京・千代田区)は、ランサムウェアの感染被害を受けた場合の対処と復旧方法をまとめた日本語版ランサムウェアレスキューマニュアルを公開したことを発表します。  

CRN、ITセキュリティベンダーを評価する「2024 Security 100 List(2024年度セキュリティ100リスト)」でKnowBe4を選出

KnowBe4CRNセキュリティ100リストの「セキュリティオペレーション/リスク&脅威インテリジェンス」部門 に連続ランクイン

東京(202436日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォーム*のプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、CRN® (The Channel CompanyがKnowBe4を同社の2024年度セキュリティ100リストに選出したことを発表しました。このプロジェクトは、チャネルパートナーと連携してサイバー脅威から企業を守ることに尽力している主要なITセキュリティベンダーを表彰するものです。

KnowBe4、 TrustRadiusから2024年度のMost Loved(最も愛される)アワードを獲得、ユーザーの心を掴む

KnowBe4Compliance PlusTrustRadiusのレビュアーから高く評価され、名誉ある賞を受賞

東京(2024221日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォーム*のプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、同社のCompliance PlusトレーディングプログラムがTrustRadiusの「2024 Most Loved Award」を受賞したことを発表しました。この栄誉ある賞は、TrustRadiusプラットフォームのカスタマーレビューで最高レベルの評価を受けたソフトウェアとテクノロジーを表彰するものです。

KnowBe4、G2の2024年度Best  Software Awards(最優秀ソフトウェア賞)の2部門で上位にランクイン

グローバルソフトウェア企業部門と中堅企業市場向けソフトウェア製品部門の2部門で受賞

 東京(2024216日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォーム*のプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、G2 2024年度Best Software Awards(最優秀ソフトウェア賞) 2部門で上位企業向けの賞を獲得しました。Top 100 Global Software Companies(グローバルソフトウェア企業 Top100)部門でKnowBe459位に、Top 50 Products for Mid-Market(中堅企業市場向け製品 Top50)部門KnowBe4PhishER 7位にランクインしました。 

KnowBe4、2023年度アジア太平洋/日本地域(APJ)パートナー表彰プログラムのアワード受賞者を発表

KnowBe4、昨年に続き、アジア太平洋/日本地域のアワード受賞者として、チャネル販売パートナーを表彰 - 日本の販売パートナー2社を選出

東京 (2024年2月13日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォーム*のプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、アジア太平洋/日本地域の2023年度パートナー表彰プログラムのアワード受賞者を発表しました。

ランサムウェア攻撃の感染原因と進行段階別対処法を解説するマニュアルを提供開始

ソーシャルエンジニアリングが感染原因のトップ。感染防止だけでなく回復手順の計画も重要

 東京(20242月1日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー(*)であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、ランサムウェア攻撃の原因、防止策、回復手順など、攻撃を進行段階毎に解説し、様々な組織をランサムウェア攻撃から守るために、2024 Ransomware Hostage Rescue Manual(ランサムウェア人質救出マニュアル)」をリリースしたことを発表します。  

KnowBe4の最新サイバー犯罪レポート:2023年に公共機関への攻撃が急増

日本は、他の調査対象国と比べ、被害件数が低いが、被害額は60%も高い

 

東京(2024129日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー(*)であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEOStu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、全世界でサイバー攻撃が急増する公共機関に焦点を当て、2023年に最も流行し、多発するサイバー犯罪の現状と実態を、北米、ヨーロッパ、日本を含むアジア太平洋地区で調査し、「Can The Public Sector Face The Coming Wave Of Attacks? (公共機関は来るべき攻撃の波に立ち向かえるか?)」レポートにまとめ公開しました。

英国の国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)が、KnowBe4の「Security Essentials for the United Kingdom」トレーニングを公認セキュリティトレーニング・コースとして認定

公認認定が英国内でのセキュリティ意識向上トレーニングの推進を後押し

東京(2024124日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダー(*)であるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、英国の国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)がKnowBe4の「Security Essentials for the United Kingdom」トレーニングを公認セキュリティトレーニング・コースとして認定したことを発表しました。

2024年KnowBe4 Japan年頭所感: 犯罪者に心理操作されてしまうサイバー脅威への戦い

謹んで新春をお祝い申し上げます。旧年中は温かいご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。

最新フィッシングメール動向: 要注意件名の傾向として、人事部門からのメールが引き続き大半を占める

2023年第3四半期の「要注意件名」統計レポートの注目ポイントを公開

 東京(2023年10月27日発)- セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォーム*のプロバイダーであるKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、模擬フィッシング攻撃を通してどれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)としてアセスメントしています。この統計データを最新フィッシングメール動向として四半期毎に公表しています。

Get the latest about social engineering

Subscribe to CyberheistNews